四季のコーディネート

7・8月
小千谷縮「縞」/紗袋名古屋帯「大唐草」
浴衣代わりにもおすすめの小千谷縮。縮は糸に強い縒りをかけ、しぼを作っているので、肌に添わず通気性があります。透明感のあるブルーに白とピンクの細縞で優しく表現されています。
帯は伸びやかな唐草が葡萄色の濃淡で表され、柔らかく大らかな印象の八寸帯を合わせて。
爽やかな装いで、ご友人との街歩き、お食事会などに。