四季のコーディネート

1・2月
大島「細縞に十字絣入」袋名古屋帯「金彩印度更紗写し」
従来の大島とは趣が異なり、紬の織柄を大島で織った 着尺。風合いは大島と相違なく軽くて薄手なのでこれ から春先にも着心地抜群です。
のせた帯は古布の金更紗をアレンジした織帯。金更紗 の感じを出すために金糸を縒り込んだ糸を使っていま す。この場合は金糸が使われても本歌を表現する手だ てなので、カジュアルなご用途の帯合わせもよろしい と思います。
このように着物と帯の色相差、明度差の少ない組み合 わせもすっきりとして好もしく感じます。