四季のコーディネート

5・6月
片貝木綿「格子縞」/紬地 袋名古屋帯「大絣」
花火作りで有名な越後片貝で織られた木綿生地。やや厚地ですが、初夏や初秋のご普段着としてお薦めします。木綿の着物は皺にはなりますが、家庭で洗ってアイロンをかければ、元通りになる実用着です。
合わせた帯は、近江の秦荘で織られた大らかな絣。絣の地の部分は様々な色が交ざり、とてもきれいです。
家庭着としてご普段に、又はお買物などお出掛けに。