四季のコーディネート

11・12月
コート 紋縮緬地 柳絞り/越後紬 飛絣
琥珀色、飴色、香色、枯草色などと呼ばれるあたたか味のある色。地色を染めてから斜めに配列した小さい蜘蛛絞りを手筋絞りで中に芯を入れて巻きあげ、縄状にして脱色。その後に煤竹の様なうす墨色に染めている手の込んだ染着尺。やわらかな自然の線が美しく、柳絞りの名の由来もしのばれます。勿論、長着にもよいのですが、絞りならではのふわりとした手ざわりがコートや羽折などに向くと思います。染めの着物、織の着物、どちらにもお召しいただけます。