四季のコーディネート

1・2月
結城紬 やたら縞/袋名古屋帯 すくい織「釉彩泥 鳥文」
遠目には無地、実際には濃淡の茶、金茶、紅茶などがやたらに織り込まれた結城紬。ふわっと軽やかな 手ざわりに反して丈夫さは抜群です。真綿を手で紡いだ極細の糸を経・緯に使い、地機で織り上げた紬 としては最も上質のものです。
すくい織の八寸帯は中東の陶器に取材した鳥の文様が 美しい曲線で織られています。
ご友人と展覧会をめぐりましょうか。