四季のコーディネート

3・4月
久留米絣 藍斜水玉/袋名古屋帯 丹波布格子
藍は元気になれる色。水玉も躍動する形。肌ざわり爽やかな木綿。単衣で少し早めの時期から着ていただけます。
帯は稀少な丹波布。一時絶えていましたが、民藝運動をおこした柳宗悦氏等によって見直され、再現された丹波布が現在も織り継がれています。 手紡ぎ木綿を主に、つまみ糸と呼ばれる白い絹糸が織り込まれているのが特徴です。染色は栗・藍・こぶな草など、すべて植物染料と聞きます。
春の街散策に。