四季のコーディネート

11・12月
長井紬 斜絣/すくい織袋名古屋帯「古渡更紗花文」
米沢には琉球の織物を学んで制作した歴史があり、それらの紬は米琉(よねりゅう)の名で親しまれています。素鼡地に斜文の絣は、シンプルで帯も合わせ易く、飽きずに長くお召いただけると思います。
帯は古渡更紗の味わいをすくい織で表した八寸。差し色のにじんだ染めの感じが、ともすれば堅い感じになり勝ちな織り帯をやさしく見せています。
街歩き、美術館めぐり等に。