四季のコーディネート

1・2月
染着尺 立刷毛「乱縞」/名古屋帯 すくい織「仙桃吉祥文」
陶器の地肌を思わせるうす丁字茶の縮緬地に、不規則な立刷毛の乱れ縞が洒脱な味わいのきもの。
帯は黒橡色にすくい織の仙桃の柄。柄の部分はいぶし銀の彫金のように立体感を感じます。古来中国の伝説から、桃は吉祥文として使われます。
お食事会やパーティーなど外出着として。