きもの四方八方[ 伝え継ぐもの ]

1・2月
訪問着 刺繍「山鶴」
茜色の裾から淡い朱色にぼかした地に、山に見立てた
鶴が三羽群れ飛んでいる上前。縫い方に変化を持たせ
刺繍だけで表現されています。
この訪問着は約50年前の先代吉茂の意匠で、刺繍師古
谷氏の手に成るもの。
「山鶴」は先代の気に入りの図案で、半世紀経った今
も新鮮に感じられます。