四季のコーディネート

5・6月
石下縮「段絣」/袋名古屋帯「紬地花文」
さらっとした織地の石下縮。ごく薄いグレーに紫色の絣糸が、びっしりではなく一つおきに階段状に入っているために、ゆったりした雰囲気のきものです。
紬地の帯は、グレーの無地場と経縞をいかしながら、白地に柔らかい彩りの花文を織り出した優しくさわやかな印象の品。
涼し気な初夏の装いで、美術館巡りなどいかがですか。