四季のコーディネート

7・8月
能登上布 本麻手織「大名縞」/紗 袋名古屋帯「段文様」
石川県の指定無形文化財である能登上布を手がける機屋さんは、最後の一軒になりました。上質な麻糸の手織りの上布は、軽やかで着心地も抜群です。
白茶地の八寸帯は、横段の織地に変化を付け、幾何模様をさりげなく飛ばした案配が心憎いほど。
このモダンなグレー細縞の能登上布は、帯次第で幅広い年代に、また男物としてもおすすめの一品です。
盛夏の外出着に。