四季のコーディネート

7・8月
駒絽 江戸小紋「芝」/紗 名古屋帯 「刺繍華文」
重なり合った大小の芝が錐彫で表された繊細な曲線の江戸小紋。 芝の向きの変わる部分に近景のやや大きい芝を配し、合間の無地場がアクセントになって 一方付けの江戸小紋と趣を異にします。
爽やかな紗の華文の帯は、織で表現し難い精緻な線を手刺繍で見事に表した作品。優しい色味に気品が感じられます。
夏のおよばれ、観劇などに。