四季のコーディネート

7・8月
付下 駒絽 「ジャワ更紗写し」/紗袋帯「プロヴァンスの花」
うすい鼠地に藍濃淡、彩色のすっきりした更紗模様。付下の柄付けになっていますが、小紋のように名古屋帯を合わせて気軽にお召し頂くことも出来ます。
ここでは袋帯をのせて、夏のおよばれ、お茶席、観劇などに相応しいコーディネートに致しました。洗練された装いで夏の街に一涼を。