きもの四方八方[ 四季のコーディネート ]

7・8月
夏織着尺松煙染「大格子」/紗袋名古屋帯「帆かけ舟」
入念に染めた駒撚り糸で織られた着尺。染料は越後
に伝わる松の木や根を不完全燃焼させて取り出した
煤を用い、濃淡の微妙なグレーのグラデーションの
を優しく織り出しています。夏ものに最適なしゃり
感で着心地よく、広範囲な着こなしに向きます。
ひと筆で描いたような力強いすくい織の帆かけ舟の
帯で、颯爽と。着る人だけではなく周囲の人々も楽
しませてくれます。…行き先は何処へ。

○コーディネートに使用しているものは店頭商品です。