四季のコーディネート

7・8月『夏情緒』


7月から「うすもの」、梅雨が明けたら「麻」を、というきまりごとは、近年の温暖化気象で覆されて居り、6月も半ばを過ぎると待ち切れず、うすものに手を通したくなります。
見た目にも、実際に着ても涼しい工夫が為された織物、うすもの。またそれらに染や縫を加えたり、さまざまな佳品が全国各地で作られています。 是非この季節ならではの素材の楽しさをお召しになって味わっていただきたいと思います。
「うすもの」という呼び方の床しく日本的なこと。残しておきたい言葉です。

◎夏、きものを涼しく着るために、下着の工夫は勿論ですが、メッシュ素材の前板を使うと 通気性があって薄くて軽く、大変お楽です。弊店でも用意致しました。
◎夏の小物合わせは特別な意図がない限り、白に近い薄色をおすすめします。帯締めを迷われたら白になさってみてください。すっきり爽やかに着こなせます。


○コーディネートに使用しているものは、全て店頭商品です。
大津絵人形『槍持奴』
高橋松山 作
飛鳥より
蝉の羽月に
一陣の涼