コラム

きものの話あれこれ 村田吉茂
1971年(昭和46年)12月「ミセス」掲載

No.12 これからのきもの
きものの着付けも努力しだい

 いくら審美眼を持っていいきものを選んでも、自分できものを美しく着られないというのでは意味がありませんね。美しいきもの姿になりたいとお思いでしたら、どなたもご自分できものが着られるようになっていただきたい。

 近ごろは、四十代にはいってご自分のお嬢さんたちにきものを着せるようになると、あわててきものの着付け教室などへ通って、着付けを勉強なさるかたが多いと聞きます。まあ何事もご自分で勉強なさろうという意欲は買いますが、あくまでも着方の技術の基本の体得ということにとどめておかれたほうがいいと思うのですが…。基本を学んだら、ご自分のきものが着られるように練習をなさることですね。

 色彩や感覚についての講義、たとえば、何色には何色の帯が似合う、似合わない、などという美に関する講義などは、なまじっかおききになると、ほんとうの美を学びとろうとしているかたには、かえって迷いのもとになることもあります。そういうことを勉強したいのでしたら、毎度言っていますように、自然を見つめたり、古今の名品を見て学べばいいのです。

 わたしに言わせていただけば、何事も努力しだい、きものの着付けも、努力をすれば自分で上手に着られるようになるものです。一日に一度ずつ着付けを練習してごらんなさい。一月もすればりっぱに自分のきものが着られるようになると思うのです。


 一年間、あれこれと勝手なことを言ってお気にさわったかたもおいでかもしれませんが、すべて、皆さまにきものを美しく着ていただきたい、日本のきものをいつまでもたいせつにしていきたい、と思ってお話ししてきたことばかりです。
 最後に、きものにかぎらず、身にまとうすべてのものは、まとっている衣類を見せているのではなく、着ている中身の人間を見せているのだということを、もう一度思い出していただきたい。
 そして、その中身である皆さまがたは、美の習得や教養を高めることによって、あなたの人間性をつくり上げていくのだということも、忘れないでいただきたいと思うのです。