コラム

きものの話あれこれ 村田吉茂
1971年(昭和46年)4月「ミセス」掲載

No.4 きものを美しく着るために
振り袖と黒の羽織に思うこと

 きもの美の向上一筋に生きてきた者には、近ごろ「ああ、いいお好みだな」とじっと見とれるようなきものをお召しのかたが少ないので、町を歩いていても、お集まりの席に行っても、どうも寂しい気がしてなりません。ですから、きもの姿のお嬢さんがたが多くなるお正月や三月の謝恩会時期は、いろいろな角度で勉強ができて、心楽しく思います。

 しかし、晴れ着姿のお嬢さんがたを見ていると、私どもとして気にかかることが、一、二あります。

 その一つは、振り袖や訪問着に何もはおらず、町を歩いたり、電車やバスに乗ったりしていられることです。長い年月、ほんとうの美しさ(芸術的美)を、と心をくだいてきものを手がけてきた者にとっては、むきだしのままの晴れ姿はなんとなくいたいたしいばかりでなく、たいへん失礼な言い方かもしれませんが、その環境や教養が見すかされるような気がして、残念に思えます。振り袖や訪問着は、洋服でいうイブニングドレスやカクテルドレスに相当するものとか?聞けば欧米では、イブニングのまま町を闊歩したり、バスに乗ったりはしないそうですね。そういうときにはコートか何かをはおると聞いています。きものも同じことで、町中を歩くときはコートをお召しになっていただきたい。

 この場合のコートは、染めでも織りでも晴れ着らしい風格のあるものの道行コートでよろしいわけですが、別あつらえ以外の一反物では振り袖用には普通の袖丈にしかなりませんから、もし、一反物で振り袖の上にはおるのでしたら、振りにスナップをつけておけば、振り袖のたもとをたたんで入れたあと、スナップを止めておくとたもとが出ないで見苦しくなく、お若いかたの場合、一応形が整うかと思います。

 読者の皆さんの中にも、お年ごろのお嬢さんをお持ちのかたがおいででしょう。どうぞ振り袖や訪問着を作ってあげるときには、いっしょにコートをそろえてあげてください、とお願いしたいです。

 振り袖は、ほんの一時、数回の命ですが、コートは、このさきお嬢さんが結婚なさったあとも重宝なさるものなんですから。

 お正月の晴れ着でもう一つ気にかかることは、その人に合った個性的なきものを着たかたが少ないということです。ひらひらとはなやかではあるけれども、わたしにはみんな同じように見えてしまうのです。今は昔のように、一人一人のお嬢さんがたに合わせて柄を描き色を決めて制作したきものを着るかたが少なくなり、産地や大きなメーカーがつくり出した流行と称するきものが大量に出回り、自然にその流行と称するものに乗せられてしまうという傾向が強いからでしょうか?

 流行ということでは、毎年、三、四月になると見かける、卒業式、入学式に出席なさるお母さんがたの黒の羽織、これも一つの大きな流行とみていいでしょう。

戦後の店舗 銀座一丁目 店 裏路地

戦後の店舗 銀座一丁目
店 裏路地