コラム

きものの話あれこれ 村田吉茂
1971年(昭和46年)3月「ミセス」掲載

No.3 染めのきもの 2
生地は画家の選ぶ紙と同じ

 いい画家はまず紙、墨を選びます。きものも同じことで、その柄にふさわしい布地染材を選ぶことがいい作品を作ることになるわけですがここで、監督と工人の意見が食い違うこともあるわけです。職人は、のりの置きよい、平らな布地を選びたがる、たとえば駒よりなんかです。こういう布地だと、極の鮫も一様に鮮明に染まるわけで、職人はなめたように染められたものが美しいと思っているんですね。ところが江戸小紋の味は、自然に生まれる濃淡やかすれの動きにあるんで、印刷したようにべったり染まったものでは味がないんです。特に私などは、変わり生地なんかで染めさせたいわけです。いやがるのを承知で変化のある生地でおもしろい味のものをつくりたいのです。私としては、やっぱり、味のある、りっぱで個性のある作品をおすすめしたいです。

 お若いかたは、平凡な生地に染められたものではじみな場合がありますね。そんなときには紋りんずに染めてもおもしろい。光線によって動きが出ますから、若い感じになります。

 長々と江戸小紋の話をしましたが、これは、江戸小紋を例にとって、入心度の高い美しいものとはどんなものか、それを現代の女性に生かすにはどうしたらよいか、ということをお話ししたわけです。