おすすめの一品  バックナンバー


綴織 袋名古屋帯「古代裂円花文」

綴織(つづれおり)の帯といえば、左右対称の華文などが多い
中で、この洒脱な味わいの円文は鎌倉時代の経錦の古裂をアレ
ンジしたもの。花の名は特定出来ませんが、円を象っている葉
の形から、高貴な吉祥文として尊ばれている蘭と牡丹なのでは
ないかと思われます。紺地の帯は清々しく爽やかな印象。そし
て張りのある綴生地は芯が入らなくても型よく結ぶことができ
ます。輪郭などに金糸を使って居りますが、少量なので付下げ
から小紋等お出先広範囲にお締め頂ける重宝な一品としておす
すめ致します。

拡大アイコン

鬘帯散らしの付下に合わせて
お茶席・お食事会などあらたまった席に

拡大アイコン

江戸小紋に合わせて
お茶席・式典に

拡大アイコン

小紋に合わせて
観劇・クラス会などに