おすすめの一品  バックナンバー


染名古屋帯「垣に椿」

垣根を思わせる格子に図案化された椿の花があしらわれてい
る塩瀬地の臈纈染め名古屋帯。
濃色(こきいろ)と呼ばれた深紫は、位の高い色として尊ば
れて参りましたが、帯の地色としては さまざまなきものに合
わせ易い色です。椿は 暮れから三月まで長い期間楽しむこと
ができ、この帯はこの季節に重宝な一品かと思います。

拡大アイコン

藤鼡地の染着尺に
観劇など、少し改まって

拡大アイコン

中間色の紬に
上溝桜のみさやま紬に合わせてお食事会などに

拡大アイコン

小絣の白大島に
お集まりなどに