おすすめの一品  バックナンバー


疋田三浦絞り染着尺 

絞りといえば鹿の子絞りを思い浮かべる方も多いかと思いま
すが、こちらは『疋田三浦絞り』。小さな粒の大きさを揃え
て絞るためには相当な熟練を要します。絞り粒が斜めに幾十
にも並んで綺麗に列をなし、その立体感には優しいぬくもり
を感じます。
江戸時代初期、大分県の三浦玄忠という藩医の妻が、別府絞
りの技術を鳴海地方に伝えたことから『三浦』の名の美しい
絞りが受け継がれてきたそうです。
帯合わせを楽しめる着物として、また、軽くて温かな羽織と
して、長くご愛用いただきたいと思います。


拡大アイコン

濃色の作土文名古屋帯を合わせて落着いた装い
   

拡大アイコン

つづれ織袋名古屋帯でお食事会などに
   

拡大アイコン

薄茶地の小紋に羽織として