おすすめの一品  バックナンバー


米沢紬絵羽 紅花染(化学染料併用)

白茶色の濃淡の縞をベースに、上前から裾にかけて裏葉色が
霞のようにたなびいている紬絵羽。霞は袖にもふり違いに入
り、清々しい印象です。紅花染の淡い紅色の糸が経に細縞に
織り込まれ、微妙な色味に奥行きを加えています。
組み合わせる帯によって、ご年代も、お出先も変わります。
コーディネートを楽しんでいただけるきものです。
拡大アイコン

すくい織名古屋帯 「菱取りペルシャ文」を合わせて
観劇、お食事会などに

拡大アイコン

袋名古屋帯 濃紺地「幾何文」を合わせて
クラス会、美術館巡りなどに

拡大アイコン

古布インド更紗名古屋帯を合わせて
お稽古などに