おすすめの一品  バックナンバー


生麻地 型染名古屋帯「輪島みやげ」 駒田 佐久子作

箕と呼ばれる穀類をふるうのに用いる笊と籠をとり合わせ図案化した型染めの名古屋帯。
輪島の朝市で求めたのが題名の由来とか。作者の個性が感じられます。
素材の麻は夏のものですが、透き感がないので、春の単衣から真夏を通して秋口まで、カジュアルな
装いに向いています。

拡大アイコン

綿麻縮に合わせて
ご普段に

拡大アイコン

琉球首里上布に合わせて
街着に

拡大アイコン

木綿縞の単衣に合わせて
個性的に