おすすめの一品  バックナンバー


型摺り染名古屋帯「更紗写し」

生紬地に型紙を用い、手摺りで何色もの濃淡を重ねた更紗写しの名古屋帯。
更紗古布の端布を見本に、出来るだけ忠実に色を合わせました。
太鼓の返りは無地なので、たれに赤い無地部分を出すと派手になります。お好みでたれを柄に
仕立てることも出来ます。また、色を変えて別染めもお受けできます。
秋口からの単衣、また袷のきもの、濃い色も淡い色にも、縞、格子、絣などにも、広範囲に合
わせることの出来る帯です。

拡大アイコン

淡クリーム緯絣紬に合わせて
たれを無地にすると派手に

拡大アイコン

藍鼡地小千谷紬に合わせて
男物のような紬に合わせてカジュアルな装いで

拡大アイコン

ざぐり玉繭細縞紬に合わせて
少し気取った街着に