四季のコーディネート

1・2月
藍木綿久留米絣「変り麻の葉」/小巾帯 首里織
伝統文様の麻の葉も、片側が陽(ひなた)、もう一方が陰(かげ)で表現されると、見違えるほど現代的な雰囲気になります。 お家で手洗いも可能な木綿のきものは、常着(つねぎ)として活躍します。
首里織の小巾帯は、通常のミンサーの小巾帯よりも厚くしっかり織られていて締め心地のよい品です。
ご家庭着、お買物などに。