四季のコーディネート

7・8月
絹紅梅 摺り染「花唐草」/名古屋帯 麻地刺子「花文」
絹紅梅の生地に、花唐草を染めたきもの。同様の唐草文様の類似の品はありますが、この作品は何枚もの型紙を使って摺り染を施した、入念な手仕事の一品作です。 生成り地に墨濃淡が爽やかで 涼をよびます。
うす水色の麻地の帯には、花文の刺子をあしらいました。日本海の離島、飛島で かつて漁師の方達が着ていたドンザなどに刺したガンゼ刺し。針目の集中した部分が盛り上がって、とてもきれいです。堀紀子さんの作品。
気軽なお出掛けに。