四季のコーディネート   バックナンバー

9・10月『秋のみのり』


秋の訪れを待つ心… 風のそよぎ、月のさやけさ、新米や葡萄等の秋の味覚…「きものでお出掛け」も是非、秋の楽しみの中に入れて下さい。 また、冠婚葬祭でもきものを着用することが少なくなっているようですが、なんとか多くの方にきものを着て頂き、世界に誇れるきものを残して行きたいと願っています。
通常9月は透かない単衣に秋・冬用の帯を締めますが、暑さが残っていたら上旬はうすものもよいと思います。 単衣には、半衿は絽又は楊柳、10月に単衣をお召しになる場合は半衿は塩瀬がよいと思います
この頁でご紹介した三シーンは、単衣・袷どちらにも向く様に想定しております。

○コーディネートに使用しているものは、全て店頭商品です。
大津絵人形『矢の根』
高橋松山 作
古代の夢
秋さやかに
水辺に佇む