四季のコーディネート   バックナンバー

9・10月『爽秋のとき』

灼熱の日々の蟬の鳴き声も夜更けてすだく秋虫たちの合奏に変わり、間違いなく秋が巡ってきたことを知りほっとします。
同時に慌ただしさを感じるのもこの時期です。夏ものを片付ける前のお手入れや収納、単衣・袷を取り出し点検、秋からのきもの着用の場での計画など。着用前に慌てない様、半衿も掛け替えましょう。
九月中は絽または楊柳の半襟、十月になったら塩瀬、縮緬と決められて居ります。これは十月に単衣をお召しになる場合も塩瀬をつけていただきたいと思います。
天候も安定して、きもの着用には最もふさわしいこの季節、さまざまの場で自分らしいきもの力を発揮して下さい。

○コーディネートに使用しているものは、全て店頭商品です。
大津絵人形『瓢箪鯰』
高橋松山 作
野に咲く
琥珀の輝き
ゆかしい色