四季のコーディネート   バックナンバー

5・6月『薫風をうけて』

6月1日の衣更えの風習が次第にうすれて行く近年の気候の変化。
5月にこだわって汗をかきながら袷を着る必要はないと思いますがあまり早いうすものの姿も味気なく感じられます。襦袢など表に現れない部分で工夫して調整しましょう。また、半衿は6月に入ったら絽に、帯揚げや帯締めは薄色にして、季節に合った装いを心がけたいものです。
今回のコーディネートは3パターン共、透かない帯を合わせましたが、6月中旬過ぎには夏用の帯をお締めになって、帯で季節を先取りなさることをおすすめします。

○コーディネートに使用しているものは、全て店頭商品です。
ガラス細工
『おたまじゃくし』

初夏を装う
色の調べ
単衣は白き