四季のコーディネート   バックナンバー

7・8月『暑気払う』

二十四節気では小暑から大暑を経て8月初旬に立秋を迎えますが、この時季は暑さもひとしお。盛夏にきものを気持ちよく着る工夫を思いつくままに記してみます。

◎肌襦袢と長襦袢を麻素材に。
 …麻は肌触りがよく、吸湿性・通気性に優れ、自分で洗えるので夏の下着に最適です。絽をお召しになりたい場合は、胴の部分だけ麻になさると楽です。
◎帯板はメッシュなど通気性のあるものを使用。

夏のきものは素材も織り方もさまざまです。盛夏ならではのきものを楽しんでいただきたいと思います。

○コーディネートに使用しているものは、全て店頭商品です。

「鯨 車」

土佐 張り子
控えめなよそゆき
涼しきように
秋草そよぐ